本人に関する照会書の記載方法  次へ

記憶や資料をたどり記載

 

ご本人(支援を受ける方)について、最終学歴や職歴に加え、結婚、生活環境の変化、認知症発症時期、入院・入所時期、病歴等を記入します。押印する印鑑は表紙と同じもの(認印可)です。

 
   
本人の記憶や、関係者からの聞き取りでも判明しなかった事項は必ずしも全て調べる必要はありません。
   
ご相談および、
本人に関する照会書の作成を支援します。
[ 事務所の案内と費用 ]  [ オンライン相談申込み ]
活用事例のページ 公正証書のページ 任意後見のページ 保佐のページ 補助のページ