親族関係図の記載方法  次へ

親族関係図への記載

 

記載する範囲は、配偶者・親・子(亡くなっている場合は孫まで)・兄弟・おじおば等です。親族等に対し、裁判所から本件申立についての意向照会をすることがあるため住所の記載も必要です。

 
   
親族関係や住所が不明な場合は、戸籍の調査まで必要か裁判所に確認しましょう。
   
ご相談および、
親族関係図の作成を支援します。
[ 事務所の案内と費用 ]  [ オンライン相談申込み ]
活用事例のページ 公正証書のページ 任意後見のページ 保佐のページ 補助のページ