(成年後見人)候補者に関する照会書の記載方法  次へ

候補者についての情報

 

こちらで候補者を立てる場合は、候補者の職業、家族構成、健康状態、学歴、収入等経済状況、借金、ご本人の今後の療養上の方針・財産管理上の方針、就任後の予定等を記載しなければなりません。

 

      
1 親族等を候補者に立てても、家庭裁判所の判断で、弁護士や司法書士等の専門職が選任される場合があります。


2 当初から家裁に選任をゆだねる場合は本書面は不要です。
   
ご相談および、
候補者に関する照会書の作成を支援します。
[ 事務所の案内と費用 ]  [ オンライン相談申込み ]
活用事例のページ 公正証書のページ 任意後見のページ 保佐のページ 補助のページ