シンプルな案件と複雑な案件が同じ料金では納得できない。笑いの街大阪で立ち上げ。

介護事業に強い顧問司法書士
[事務所の報酬][2 誰が申立][3 どこに申立][4 申立書][4-2 代理権][5 本人照会書][6 親族関係図][7 財産目録][8 収支予定表][9 候補者照会書][10 戸籍等収集][11 登記ない証明][12 診断書][13 鑑定おたずね][14 通帳のコピー][15 親族の同意書][16 申立当日]

戸籍謄本(全部事項証明書)の集め方  次へ

原則は「申立人」及び「本人」の戸籍が必要。
 

申立てに必要な戸籍謄本は「申立人」及び「本人」の戸籍謄本のみです。ただしE親族関係図を作成する為の調査として、遠縁の親族の戸籍や戸籍の附票※が必要になることがある。

 
 ※ 戸籍の附票とは、同一の戸籍地においての、住所の変遷が記載されている書面です。戸籍から住所を調査する際に便利。
前へ | 次へ

福井がお手伝いできること
ご相談および、
申立てに必要な戸籍や附票をお取り寄せします。
ご相談はこちらから