シンプルな案件と複雑な案件が同じ料金では納得できない。笑いの街大阪で立ち上げ。

介護事業に強い顧問司法書士
[事務所の報酬][2 誰が申立][3 どこに申立][4 申立書][4-2 代理権][5 本人照会書][6 親族関係図][7 財産目録][8 収支予定表][9 候補者照会書][10 戸籍等収集][11 登記ない証明][12 診断書][13 鑑定おたずね][14 通帳のコピー][15 親族の同意書][16 申立当日]

誰が申立てをするの?  次へ

原則は、本人または親族等
 

本人が申立てをすることも多い。その他の申立権者としては、配偶者、親、子供、兄弟、甥姪、叔父叔母、義理の兄弟、義理の親、義理の娘息子など。内縁の妻は含まれない。

 
※ 本人からの申立てが困難であり、近しい親族からの申立ての協力が得られないときは、市区町村長による申立を求めることもできる。
前へ | 次へ

福井がお手伝いできること
ご相談および、
申立できる方の判定をします。
ご相談はこちらから