シンプルな案件と複雑な案件が同じ料金では納得できない。笑いの街大阪で立ち上げ。

介護事業に強い顧問司法書士
[事務所の報酬][1 費用はいくら][2 誰が申立][3 どこに申立][4 申立書][4-2 代理権][5 本人照会書][6 親族関係図][7 財産目録][8 収支予定表][9 候補者照会書][10 戸籍等収集][11 登記ない証明][12 診断書][13 鑑定おたずね][14 その他添付][15 親族の同意書][16 申立当日]

4−2 代理権・同意権付与申立書記載方法  次へ

「成年後見」には不要の書類。
 

補助人の権限として、同意権の付与又は代理権の付与もしくはその両方の付与のいずれかを必ず選ばなければならない。それを選択するのが代理権行為目録・同意権行為目録である。

 
※ 例えば、@預貯金に関する取引、A公共料金等の支払、B保健契約、C介護契約・入所契約等です。
前へ | 次へ

福井がお手伝いできること
ご相談および、
代理権・同意権付与申立書及び目録を作成します。
ご相談はこちらから