財産目録の記載方法  次へ

資料に基づく記載が必要

 

預貯金に関しては「通帳のコピー」、不動産を所有していれば「登記事項証明書」や「固定資産税証明書」、株や生命保険があればそれらの証書に基づき記載し、それらを添付する必要があります。

 
   
(財産目録の記載方法追記)
・不動産の表示は、「住所」ではなく、登記事項証明書の通り「地番」で記載します。
・負の財産(消費者金融や身内からの借金等)があればそれも記載する必要があります。
・また相続財産があれば別紙において同じように、預貯金、不動産、有価証券等に分けて記載していきます。相続財産を記入する際は、本人の相続分を記載するようにしましょう。
・通帳の記帳はなるべく申立ての前、最新のものを用意します。また、通帳のコピーは過去1年分ほどの取引内容について全ページ必要になります。 
・記入者の欄には、申立人の名前を記入し押印すればよいでしょう。
     
財産目録の作成について
わからないことがあればお答えします。
[ 事務所の案内と費用 ]  [ オンライン相談申込み ]
活用事例のページ 公正証書のページ 任意後見のページ 成年後見のページ 保佐のページ