任意後見申立て手順のイメージ。大阪市・平野区・住吉区・東住吉区・柏原市。

介護事業に強い顧問司法書士
[事務所の報酬]

申立ての手順
1 任意後見とは
2 いくら費用?
3 契約書作成
4 見守り契約
5 判断能力低下
6 契約の効力発生
7 申立書
8 事情説明書
9 親族関係図
10 財産目録
11 収支状況
12 受任者事情
13 戸籍等収集
14 登記されてない
15 診断書
16 申立当日

医師の診断書の集め方。  次へ

主治医等であれば内科の先生でも可。
 

診断書のひな形を持参し、本人に判断能力の低下の有無等(精神上の障害)に関する診断を受けてもらう。診断医は、一般的に主治医であることが多く、精神科医である必要はない

 
前へ | 次へ

福井がお手伝いできること
ご相談および、
診断書のひな形をお渡しします。
ご相談はこちらから