親族関係図の記載方法。 
     

法定後見と違い住所の記載までは不要

 

記載する範囲は、配偶者・親・子(亡くなっている場合は孫も)・兄弟・おじおば等になります。親族等に対し、裁判所から意向照会をしないため住所の記載は原則不要です。

 
※親族に対する同意書の提出もありません。
     
親族関係図の作成について
わからないことがあればお答えします。
[ 事務所の案内と費用 ]  [ オンライン相談申込み ]
活用事例のページ 公正証書のページ 補助のページ 成年後見のページ 保佐のページ