シンプルな案件と複雑な案件が同じ料金では納得できない。大阪市・平野区・住吉区・東住吉区・柏原市。

介護事業に強い顧問司法書士
[事務所の報酬][1 いくら費用][2 準備するもの][3 原案作成][4 公証役場へ][5 謄本を受領]

準備するもの  次へ

死後事務委任契約書も公正証書なので…
 

委任する方(ご本人)と委任される方の、印鑑証明書が必要。また委任する事務の内容を決める為、行政関係書類、入院・入所契約書、各種領収書などを準備するとよいでしょう。

 
※ 印鑑証明書に代えて、身分証明書と認印で可能な場合もあります。
前へ | 次へ